舞城王太郎『キミトピア』

現代文学100字レビュー

作品情報

舞城王太郎『キミトピア』の表紙画像
タイトル
キミトピア
かな
きみとぴあ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
やさしナリン / 添木添太郎 / すっとこどっこいしょ。 (ほか)
所要
5時間
評価
★★★★★
レビュー
舞城作品でしか出会えない種類の倫理がビンビンで、世界の成り立ちを刷新するような読む喜び。特に思弁的な「やさしナリン」「シャワーヘッド」が染みこむけど、「すっとこどっこいしょ。」の青春豪速球も唸り笑う。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント