鹿島田真希『黄金の猿』

現代文学100字レビュー

作品情報

鹿島田真希『黄金の猿』の表紙画像
タイトル
黄金の猿
かな
おうごんのさる
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
もう出ていこう / ブルーノート / 「黄金の猿」三部作
所要
2時間40分
評価
★★☆☆☆
レビュー
セックスのことしか考えてない女と男が、パースの狂った宗教画のように愛を与えそこね続ける。肉体から全力で逃げ続けてるようにも見える。つまりは性愛も肉欲も本来の用途を成してない、言葉の先に何を置いたのか?

商品詳細&購入情報

このページへのコメント