川上未映子『魔法飛行』

現代文学100字レビュー

作品情報

川上未映子『魔法飛行』の表紙画像
タイトル
魔法飛行
かな
まほうひこう
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
すべてが気分のことだもの / 春の日も釣瓶落とし / 耳と目の今にも消滅する機会 (ほか)
所要
2時間50分
評価
★★★☆☆
レビュー
発光地帯2。やはりこのシリーズ、食のエッセイだという要請もしくは自縛がためにキレを無くしてるような気がするな。震災の話だったり、詩が入ってたりと文章トーンでも幅広い。椎茸栽培の「ご、ごめん」は笑った。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント