筒井康隆『最後の伝令』

現代文学100字レビュー

作品情報

筒井康隆『最後の伝令』の表紙画像
タイトル
最後の伝令
かな
さいごのでんれい
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
人喰人種 / 北極王 / 樹木 法廷に立つ (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
死にかけている男の体内を駆ける情報伝達細胞を擬人化した表題作ほか13編を収録する短編集。死が全体を覆っているとかいうことだがバラエティに富んでいて楽しい。救いのない「二度死んだ少年の記録」なんかが好み。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント