川崎徹『最後に誉めるもの』

現代文学100字レビュー

作品情報

川崎徹『最後に誉めるもの』の表紙画像
タイトル
最後に誉めるもの
かな
さいごにほめるもの
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
最後に誉めるもの / 日記と周辺
所要
2時間20分
評価
★★★☆☆
レビュー
亡き母をめぐる二編。記憶と記録は移り変わり、今ここに生きてるかのような母と、現在的な会話を交わすことになる。時間を越える団欒だ。近年の川崎作品は「老いへの諦観」というみな同じ温度だなーと少し残念かも。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント