筒井康隆『家族場面』

現代文学100字レビュー

作品情報

筒井康隆『家族場面』の表紙画像
タイトル
家族場面
かな
かぞくばめん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
九月の渇き / 天の一角 / 猿のことゆえご勘弁 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
多様な味わいある短編集。死刑制度という重いテーマの切り刻み方が彼らしい「天の一角」がいいではないか。正論もブラック・ユーモアも全部傍観者のコトバ故。あとは関西弁の響きが見事な「妻の惑星」、笑いました。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント