綿矢りさ『蹴りたい背中』

現代文学100字レビュー

作品情報

綿矢りさ『蹴りたい背中』の表紙画像
タイトル
蹴りたい背中
かな
けりたいせなか
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
蹴りたい背中
評価
★★★★★
レビュー
弾かれた者同士の惹かれる気持ち、「蹴りたい」としか表現できない気持ち。その微妙な処にポツンと落ちる文章、格段と力を増した感じ。それでいて「女子高生文体」も生きてるから口の端で笑うみたいなムード、良い。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント