山川健一『鏡の中のガラスの船』

現代文学100字レビュー

作品情報

タイトル
鏡の中のガラスの船
かな
きょうのなかのがらすのふね
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
鏡の中のガラスの船 / 湖に堕ちた流星
評価
★★★★☆
レビュー
大学闘争の祝祭を描いたデビュー作。リンチ殺人、機動隊との衝突、事件の渦中にいながら主人公は何もしない。ただ見つめるだけだ。ただ遊園地へと逃げ込むだけだ。「遅れてきた世代」の無気力感が充満する時代考証。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント