山川健一『星とレゲエの島』

現代文学100字レビュー

作品情報

山川健一『星とレゲエの島』の表紙画像
タイトル
星とレゲエの島
かな
ほしとれげえのしま
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ドレッドのライオン達 / 友よ、スタンダップ / ハーフ・ムーンの下で (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
『壜の中の~』『パーク~』と併せ3部作となる。著者自身が主人公に強く投影された長編の3部作だ。東京バビロンから逃げ出して楽園ジャマイカでラスタマンと過ごした日々。レゲエの律動が刻まれた平和で哀しい物語。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント