重松清『ビフォアラン』

現代文学100字レビュー

作品情報

タイトル
ビフォアラン
かな
びふぉあらん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ビフォアラン
評価
★★★☆☆
レビュー
デビュー作たる長編。明るいガキじゃカッコ悪いと人殺しのトラウマを「捏造した」高校生達。ある日殺した少女が町へ帰ってくる、記憶を歪めて。自分が嫌いだから偽の自分を作りだすってのは程度の差こそあれ皆同じ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント