山川健一『ぼくは小さな赤い鶏』

現代文学100字レビュー

作品情報

山川健一『ぼくは小さな赤い鶏』の表紙画像
タイトル
ぼくは小さな赤い鶏
かな
ぼくはちいさなあかいにわとり
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
詩 / 短編小説 / 十九歳のダイアリー (ほか)
評価
★★☆☆☆
レビュー
デビュー前の小説、論文、日記などを収録したファンサービス本。インタビューは(時代もあって)キツイものはあるが、文学青年の初期衝動を表現してあまりある長編詩は興味深い。新たな一面、あるいは切り捨てた一面?

商品詳細&購入情報

このページへのコメント