山川健一『雨の日のショート・ストッパーズ』

現代文学100字レビュー

作品情報

タイトル
雨の日のショート・ストッパーズ
かな
あめのひのしょーとすとっぱーず
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
とても古い、赤い自動車 / 雨の日のショート・ストッパーズ / 君達を待ちながら (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
風景画のような短めの短編集。野球を始めた息子にグローヴを贈る父の表題作ほかいくつかの作で雨という小道具が効果的に使われているが、不思議に乾いた余韻が落ちるのは何故だろう。本当は雨なんて降ってないのか。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント