山川健一『クロアシカ・バーの悲劇』

現代文学100字レビュー

作品情報

タイトル
クロアシカ・バーの悲劇
かな
くろあしかばーのひげき
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
頑張れよ、キース / さよなら、キース / クロアシカ・バーの悲劇 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
短編集。ストーリーの登場人物が作者に語りかけたり、高橋源一郎みたいに無作為にゴシック体の単語が並んでいたりと文体実験に明け暮れた短編群。新しいスタイルを模索するというより物語ることに疲れていたのかも。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント