山川健一『チョコレートの休暇』

現代文学100字レビュー

作品情報

山川健一『チョコレートの休暇』の表紙画像
タイトル
チョコレートの休暇
かな
ちょこれーとのきゅうか
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
どこか狂った川の畔で / 半斤のパン / チョコレートの休暇 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
魅力的な女の子が多くいる短編集。世界がチョコレートでできている女の子の表題作で、彼女に「今までのわたしは、これでブランクになった」と言わせているが、それは小説実験を終えた作家の立脚点でもあるのだろう。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント