山川健一『ティガーの朝食』

現代文学100字レビュー

作品情報

タイトル
ティガーの朝食
かな
てぃがーのちょうしょく
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
森からやってきたティガー / 風の強い日、おめでとう / プーさんの誕生日
評価
★★★★☆
レビュー
連作長編。妻と娘から離れて暮す男の家庭回復という祈り。だが彼は本当にやり直そうとしているのだろうか? 父をティガー、母をコブタくんと呼ぶ、プーさんたる娘の言動は非常にいい。冷えた関係に無邪気な言葉を。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント