重松清『四十回のまばたき』

現代文学100字レビュー

作品情報

重松清『四十回のまばたき』の表紙画像
タイトル
四十回のまばたき
かな
よんじゅっかいのまばたき
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
四十回のまばたき
評価
★★★☆☆
レビュー
冬眠する「妻の妹」。季節性感情障害なんていう難解な症例を持ってきた長編。感情を出すのが苦手な主人公には激しく共感するが、その感情を取り戻すためのヒーリングな物語なわけだな。セイウチの描かれ方は著者的。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント