山川健一『セイヴ・ミー ― ぼく達の未来

現代文学100字レビュー

作品情報

タイトル
セイヴ・ミー
かな
せいぶみー
副題
ぼく達の未来
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
航海のまえに / すべての警官が犯人であるように、すべての罪人は聖者なんだ / われわれは今、さかしまの世界を生きているんだよ (ほか)
評価
★★☆☆☆
レビュー
『セイヴ・ザ・ランド』の時期、環境問題やら原子力発電所やら目の前の岩壁に、ブルースを小脇にかじりついたエッセイ集。ジャクソン・ブラウンと地球の未来について対談してしまうのも大胆に。短編小説も収録する。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント