山川健一『凍えた薔薇』

現代文学100字レビュー

作品情報

タイトル
凍えた薔薇
かな
こごえたばら
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
凍えた薔薇 / 孔雀 / 未知の感覚 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
官能小説の分野に初めて本気で挑んだ短編集。愛を振り落とす快楽のスピード。元家庭教師と教え子とか、オモチャを入れたままレストランへ、とか基本に忠実。単行本は写真もいっぱい入っているので電車では読めない。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント