山川健一『いつもそばに仲間がいた』

現代文学100字レビュー

作品情報

タイトル
いつもそばに仲間がいた
かな
いつもそばになかまがいた
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
第1章 悪い仲間 / 第2章 愛とセックス / 第3章 孤独の発見
評価
★☆☆☆☆
レビュー
男同士の友情がなにより大切だというエッセイ。男女の愛やセックスに関する論考もありながら、結局は友情へと回帰する。それはもちろん一つのスタイルにしても、こういうことを真正面から言えるのはいいことだろう。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント