山川健一『スパンキング・ラヴ』

現代文学100字レビュー

作品情報

山川健一『スパンキング・ラヴ』の表紙画像
タイトル
スパンキング・ラヴ
かな
すぱんきんぐらぶ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
一章 ヴィデオ・ヴァイオレンス / 二章 影の中に眠る蜜 / 三章 脂肪の塊 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
渋谷でスカウトされSM裏ビデオに出演する女。俗物な肉の塊が、鞭打たれるなかで別のステージへ入ってゆく。残虐さと神々しさで輝く天使達。『凍えた薔薇』の手応えから、ぐっと重心を落とした確信的な長編官能小説。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント