山川健一『マシンの見る夢』

現代文学100字レビュー

作品情報

タイトル
マシンの見る夢
かな
ましんのみるゆめ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
序章 ぼくがやらかしたヘマな話 / 第一章 新しい愛の生理学 / 第二章 われわれはどんな花々を育てたらいいのか (ほか)
評価
★☆☆☆☆
レビュー
オートバイを触媒とした恋愛小説。求め合い、すれ違い、愛し合う二人を見守り、「誰もが一人きりなんだ」と呟くウルフ。土砂降りの高速と雨上りのPA、タンデム・ランで夜明けの海を見に行くなんて青春はまだ健在か。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント