重松清『見張り塔からずっと』

現代文学100字レビュー

作品情報

重松清『見張り塔からずっと』の表紙画像
タイトル
見張り塔からずっと
かな
みはりとうからずっと
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
カラス / 扉を開けて / 陽だまりの猫
評価
★★★★☆
レビュー
閉じた夫婦達の三編。鬱屈するバブル後のニュータウン、息子を失った精神失調、夢破れたあとにはいっそのこと全部終ったらいいのに、狭い家庭だけは残ったりする。心の暗闇。それでも「異常なし!」と叫ぶのか君よ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント