山川健一『カナリア』

現代文学100字レビュー

作品情報

山川健一『カナリア』の表紙画像
タイトル
カナリア
かな
かなりあ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一章 美しく小さな籠 / 第二章 遠い声、甘い匂い / 第三章 あられもない花の写真 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
「エロティシズムと向き合う時、日頃は理性的なさまざまな鎧で武装している自我が、裸にさらされる」。男が怖い女と、事故で立てなくなった男、その妹、肉欲が地べたを這いまわる官能長編。モラルなんて吹き飛ばせ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント