山川健一『安息の地』

現代文学100字レビュー

作品情報

山川健一『安息の地』の表紙画像
タイトル
安息の地
かな
あんそくのち
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
一章 誕生 / 二章 覚醒 / 三章 犠牲 (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
鋭利な文体で書かれたノンフィクション。家庭内暴力の息子を殺した両親。(当然想像を入れ)死に至るまでの息子、その心の震えを精細に描き出している。母親の影から抜け出せなかった彼への一個のシンパシーでもある。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント