山川健一『窓の外を眺めながら、部屋のなかに座っている。 ― Fragment1990-1995

現代文学100字レビュー

作品情報

タイトル
窓の外を眺めながら、部屋のなかに座っている。
かな
まどのそとをながめながらへやのなかにすわっている
副題
Fragment1990-1995
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
君のために、おれはもう一度ペンを持つよ / ヘミングウェイと、とても暖かなセダン / 二十一世紀への手紙 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
アンソロジーに書かれた作を含む、近年の単行本未収録作品を棚卸したような厚い短編集。「ポルノ書いて、ディズニーランドへ行こうよ」むぅ…。ポルノの方法論も作家の資質となり深化している感じがある。力作揃い。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント