山川健一/大沢則昭『多重人格の女神』

現代文学100字レビュー

作品情報

山川健一/大沢則昭『多重人格の女神』の表紙画像
タイトル
多重人格の女神
かな
たじゅうじんかくのめがみ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
女神はそこに立っていた PART1 / 風にのこった歌 / 女神はそこに立っていた PART2
評価
★★★☆☆
レビュー
宇宙開闢のカオスから、愛撫されて脱げ落ちるパンプスに至る、僕たちの記憶を辿る叙事詩。映画「スパンキング・ラヴ」出演の白石久美がフィーチャーされていて、彼女のヌード写真集といってもいい作り。むしろそう。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント