重松清『舞姫通信』

現代文学100字レビュー

作品情報

タイトル
舞姫通信
かな
まいひめつうしん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
舞姫通信
評価
★★★★☆
レビュー
校舎の窓から身を投げた少女は伝説となり語り継がれる。さらに自殺志願のカリスマが登場し、僕らは「いつでも死ねる」という事実をもって生きはじめる。あと城真吾の散文詩がもっと美しければパーフェクトなのだが。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント