重松清『幼な子われらに生まれ』

現代文学100字レビュー

作品情報

重松清『幼な子われらに生まれ』の表紙画像
タイトル
幼な子われらに生まれ
かな
おさなごわれらにうまれ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
幼な子われらに生まれ
評価
★★★★☆
レビュー
バツイチ同士の夫婦。血のつながらない娘と、すでに他人となった実の娘。父親のありかた、家族の姿、そして幸せの形を手探る長編。「私たちは、本当に家族なのか?」と独白する父に捧ぐ。揺らめく愛情描写に感動だ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント