山川健一『歓喜の歌』

現代文学100字レビュー

作品情報

山川健一『歓喜の歌』の表紙画像
タイトル
歓喜の歌
かな
かんきのうた
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一章 出会い / 第二章 薔薇の香りに誘われて / 第三章 太陽も月もない暗い夜 (ほか)
評価
★☆☆☆☆
レビュー
カード会社の調査部に勤める男と、借金と過去を抱えた女の愛。男の欠損感によって否応なしにもたらされる純愛は悲しみを湛えているけど希望に向かう余地はある。いかんせん三文記事風の「過去」と「事件」が何とも。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント