重松清『ナイフ』

現代文学100字レビュー

作品情報

重松清『ナイフ』の表紙画像
タイトル
ナイフ
かな
ないふ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ワニとハブとひょうたん池で / ナイフ / キャッチボール日和 (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
いじめを描くことの責任感も背負い込んだような意志溢れる短編集。退屈と窮屈で膿んだ教室を這いつつその実、親子の関係修復物語だ。戦場との対比も見事な表題作もいいが、「エビスくん」は凡庸であるだけ胸を打つ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント