横尾忠則『未完への脱走』

現代文学100字レビュー

作品情報

横尾忠則『未完への脱走』の表紙画像
タイトル
未完への脱走
かな
みかんへのだっそう
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
原点から幻点へ / 未完成交遊録 / 休業日記
評価
★☆☆☆☆
レビュー
初期のエッセイ集。「死亡告知」前後の自伝的内容。グラフィックデザインで美術界を蹴散らして進む、自信と確信が気持いい。模写から始まったイミテーションという力と功績。サイケ、ハレンチ、アングラな「時代」。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント