村上春樹『ダンス・ダンス・ダンス』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上春樹『ダンス・ダンス・ダンス』の表紙画像
タイトル
ダンス・ダンス・ダンス
かな
だんすだんすだんす
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ダンス・ダンス・ダンス
評価
★★★★★
レビュー
札幌からハワイへ。失ったもの、失ってゆくもの、僕は踊りつづけ、死は増殖する。『羊をめぐる冒険』の続編。接点を探しているようだ、人や世界とダイレクトに繋がることを求めて。ユキ、五反田君、人物が魅力的だ。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント