横尾忠則『方舟から一羽の鳩が』

現代文学100字レビュー

作品情報

横尾忠則『方舟から一羽の鳩が』の表紙画像
タイトル
方舟から一羽の鳩が
かな
はこぶねからいちわのはとが
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
楽園十選 / 宇宙の果てから / 反芸術入門 (ほか)
評価
★★☆☆☆
レビュー
インナートリップのエッセイ集。霊感とともにある画家が、超越的な力、内在する神に意識的になるのはごく自然なことだと思うな。その宗教的な匂いが嫌いな人はビートルズやピンク・フロイドなどロック論で楽しんで。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント