横尾忠則『彼岸に往ける者よ』

現代文学100字レビュー

作品情報

横尾忠則『彼岸に往ける者よ』の表紙画像
タイトル
彼岸に往ける者よ
かな
ひがんにゆけるものよ
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
サルバドール・ダリを見た日の事 / ”釈迦の霊泉”で禿治療の事 / 霊体となってドアを通り抜けた事 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
エッセイ集。ダリに会った話などまとまった長文と、瑣末な日記からなる。輪廻やカルマ、UFOなど著者の関心事はずっと霊的なことにあることが分かる。世界を旅するのと同じ方法で自己を見つめている。それが日常事。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント