横尾忠則『導かれて、旅』

現代文学100字レビュー

作品情報

横尾忠則『導かれて、旅』の表紙画像
タイトル
導かれて、旅
かな
みちびかれてたび
著者
NDC
915 文学>日本文学>日記 書簡 紀行
目次
異界への懸け橋 / 炎と化した那智の竜神 / 大江山 酒呑童子奇談 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
出羽三山や那智など国内のパワースポット的な場所を訪ね、大いなる自然の神秘に霊性を見る。ちょうど滝に凝っていた時期だけにその感応力はすごい。「もしかしたら弥勒菩薩はUFOかもしれない」。言わばその種の旅。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント