横尾忠則『芸術は恋愛だ』

現代文学100字レビュー

作品情報

横尾忠則『芸術は恋愛だ』の表紙画像
タイトル
芸術は恋愛だ
かな
げいじゅつはれんあいだ
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
六〇年代 / 偶然という必然 / 宇宙と内的衝動 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
ここまで来れば完全にオカルト本だ。これまでも精神世界については多くを語ってきた著者だがある種未整理だった。それがこのエッセイ集では真理を伝道する境地まで達している。そうだそうだ、直観を信じて生きよう。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント