重松清『定年ゴジラ』

現代文学100字レビュー

作品情報

重松清『定年ゴジラ』の表紙画像
タイトル
定年ゴジラ
かな
ていねんごじら
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一章 定年ゴジラ / 第二章 ふうまん / 第三章 きのうのジョー (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
連作長編。定年退職した老人四人組が考える「通勤二時間圏のニュータウン」という意味。価値を下げ行く我らが町。それでも働くんだよ俺たちはぁよう!と酒飲んで将来見やりながら愚痴りたくなるような哀しいお話だ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント