横尾忠則『異路倫』

現代文学100字レビュー

作品情報

横尾忠則『異路倫』の表紙画像
タイトル
異路倫
かな
けろりん
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
芸術の領域、現実の領域 / 波動の洗礼 / (Y+T)×人 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
芸術と人生全般がテーマ、ってったら何でもアリになるけども美術も含めて異世界への憧憬を著すような厚めのエッセイ。「死後の生き方」という思想が血肉となっている感がある。すげえ偏読な書評なんかも収録してる。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント