吉田修一『最後の息子』

現代文学100字レビュー

作品情報

吉田修一『最後の息子』の表紙画像
タイトル
最後の息子
かな
さいごのむすこ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
最後の息子 / 破片 / Water
評価
★★★★☆
レビュー
表題作はオカマと暮らす男の物語。成長してゆく自分をビデオカメラ越しに見つめる手法で、その構図の妙味で読ませる。ホントは痛いはずなんだよ、それは。併録の高校水泳部青春モノは平凡なだけに安心してみたりも。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント