吉田修一『パレード』

現代文学100字レビュー

作品情報

吉田修一『パレード』の表紙画像
タイトル
パレード
かな
ぱれーど
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
杉本良介 21歳・H大学経済学部3年 / 大垣内琴美 23歳・無職 / 相馬未来 24歳・イラストレーター兼雑貨屋店長 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
男女五人の共同生活、親友でも他人でもない性質の悪い距離感が潤いある文章で描かれる好長編。まるで古きよき時代の青春ドラマのような設定(キャラメイクも)だが、終章の切り落としが絶妙すぎて一筋縄ではいかない。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント