吉田修一『パーク・ライフ』

現代文学100字レビュー

作品情報

吉田修一『パーク・ライフ』の表紙画像
タイトル
パーク・ライフ
かな
ぱーくらいふ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
パーク・ライフ / flowers
評価
★★★☆☆
レビュー
他人との距離感の表現がここでも上手いのだけれど、見つめる自分と見つめられる自分、という反照のさせかたもまたこっそり入ってる。主人公は徹底して無為だものね。自分を旅に出すってやつ、僕もやってたので驚き。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント