吉田修一『日曜日たち』

現代文学100字レビュー

作品情報

吉田修一『日曜日たち』の表紙画像
タイトル
日曜日たち
かな
にちようびたち
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
日曜日のエレベーター / 日曜日の被害者 / 日曜日の新郎たち (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
それぞれにある日曜日の風景。生活のスケッチとしては平凡なのだが、裏ストーリーに当たる幼い兄弟の行く末が気になってるうちに引き込まれる。それがみんな繋がってるってことでさ。力説するんでなく素の顔の余裕。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント