重松清『カカシの夏休み』

現代文学100字レビュー

作品情報

重松清『カカシの夏休み』の表紙画像
タイトル
カカシの夏休み
かな
かかしのなつやすみ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
カカシの夏休み / ライオン先生 / 未来 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
学校教師が主人公だったりする短編集。自然、いじめなりなんなりの学校問題、思春期の子供達の問題に迫るわけだが、子供達とはずいぶん遠く離れたところまで来てしまったのだなというノスタルジーが心に優しく沈む。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント