村上春樹『ねじまき鳥クロニクル 第1部・第2部 ― 泥棒かささぎ編・予言する鳥編

現代文学100字レビュー

作品情報

村上春樹『ねじまき鳥クロニクル 第1部・第2部』の表紙画像
タイトル
ねじまき鳥クロニクル 第1部・第2部
かな
ねじまきどりくろにくる1・2
副題
泥棒かささぎ編・予言する鳥編
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
火曜日のねじまき鳥、六本の指と四つの乳房について / 満月と日蝕、納屋の中で死んでいく馬たちについて / 加能マルタの帽子、シャーベット・トーンとアレン・ギンズバーグと十字軍 (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
猫が消える。妻が消える。井戸の底で座りながら、僕は夢を見る。間宮中尉による(現実感は希薄ながらも)写実的な戦争話、そのブレスの長さは新境地。綿谷ノボルという明確な憎悪の対象が立ち現れるのも好ましい長編。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント