村上春樹『約束された場所で ― Underground 2

現代文学100字レビュー

作品情報

村上春樹『約束された場所で』の表紙画像
タイトル
約束された場所で
かな
やくそくされたばしょで
副題
Underground 2
著者
NDC
916 文学>日本文学>記録 手記 ルポルタージュ
目次
インタビュー / 河合隼雄氏との対話
評価
★★★★★
レビュー
被害者の話をまとめた前作に続きオウム信者側へのインタビュー。純粋であることは社会不適応と同義で、オウムは理想的な容物だったのか。随所で著者が反論に出ているが、どちらが「正しい」のかは誰にもわからない。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント