村上春樹『スプートニクの恋人』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上春樹『スプートニクの恋人』の表紙画像
タイトル
スプートニクの恋人
かな
すぷーとにくのこいびと
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
スプートニクの恋人
評価
★★★★☆
レビュー
年上の女性ミュウに恋をしたすみれは、ギリシャで不用意な扉を開け消え去ってしまう。明らかになるミュウの秘密。「こちら側」と「あちら側」、あるいは「不在」という長年のテーマを凝縮した長編。だが短く感じる。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント