重松清『リビング』

現代文学100字レビュー

作品情報

重松清『リビング』の表紙画像
タイトル
リビング
かな
りびんぐ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
となりの花園-春 / いらかの波 / 千代に八千代に (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
一部連作もある短編集。家庭と家庭が交差するところに生じる、微妙な齟齬を丁寧に描いていて好感がもてる。「いらかの波」は僕の故郷がモデルなんだと勝手に思うんですが、誰もにそう思わせる作風なのかもしれない。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント