重松清『流星ワゴン』

現代文学100字レビュー

作品情報

重松清『流星ワゴン』の表紙画像
タイトル
流星ワゴン
かな
りゅうせいわごん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
流星ワゴン
評価
★★★★★
レビュー
悔恨だけを何度も繰り返し見せ付けられてそれらを全て許してゆくことで、家族の成す道を探す。同い年の父なんて強引な設定をものともせず感動で包む構成力はさすが。やり直すことなんてできないから生きてけるって。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント