平野啓一郎『一月物語』

現代文学100字レビュー

作品情報

平野啓一郎『一月物語』の表紙画像
タイトル
一月物語
かな
いちげつものがたり
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
一月物語
評価
★★★★☆
レビュー
明治の十津川を舞台にした物語。夢か現か、聖か毒か。つまりは胡蝶の夢だ。真拆は「明治の人みたいに」真実を悩む。ストーリーとしては平凡と言えるが読めない漢字と大時代的な文章修辞で時代を感じさせる現代文学。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント