清水義範『八つの顔を持つ男』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『八つの顔を持つ男』の表紙画像
タイトル
八つの顔を持つ男
かな
やっつのかおをもつおとこ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
新戦略 / 郷里 / 旧友 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
会社での顔、父親としての顔、同窓生に見せる顔、不倫者としての顔。平凡なサラリーマンが持つ様々な顔にスポットを当てた連作小説。小手先の技術はもういいと言わんばかりのオーソドックスさと、同時にある奇妙味。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント